スポンサーリンク


あマ指とは

あマ指とは、あん摩・マッサージ・指圧の総称です。
あん摩・マッサージ・指圧について、簡単に説明していきます。

あん摩(按摩)とは

あん摩(按摩)とは、古代の中国で生まれた手技療法で、なでる、押す、揉む、叩くなどの手技を用い、身体の恒常性維持機能を反応させて健康を増進させる手技療法のことです。 按摩の「按」は「押さえる」という意味で、「摩」は「なでる」という意味です。
現在ではあん摩のこともマッサージと言い換えられていることが多いですが、本来は別のものです。


マッサージとは

マッサージは主に、皮膚に直接、手技を行い、血流やリンパの流れを改善して体調を整える手技療法です。
マッサージはフランス語であり、語源としては、アラビア語の「おす(Mass)」、ギリシャ語の「こねる(Sso)」、ラテン語の「手(Manus)」などです。


指圧とは

指圧は按摩と柔道の活法、整体療法を合わせた圧すことを主体とした独特の施術です。体のツボなどを垂直に押すことで、身体の自然治癒力を促進して体調を整えます。
指圧は日本独自の治療法で、江戸時代には民間で行われていました。その後、明治時代にカイロプラクティックやオステオパシー、スポンディロセラピーなどの療術を施術に取り入れていきました。
そして、大正時代に指圧法として統合され、その後、昭和30年に法律に認められて現在に至っています。